【徹底レビュー】サングランデ津田沼のすべて!

      2017/07/25

サングランデ津田沼」は平成30年9月下旬に竣工予定の鉄筋コンクリート造9階建てマンションです。

この記事では、サングランデ津田沼の良い点悪い点・入居のメリットデメリットを分析し、簡潔にまとめました。

マンションの購入は当然安い買い物ではありませんし、多くの人にとって一生を左右するビッグイベントです。
みなさんのマンション選びに、この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

サングランデ津田沼の基本情報

所在地     :千葉県習志野市鷺沼台1丁目427-5(地番)
交通      :京成線・特急停車「京成津田沼」駅徒歩8分
        :新京成線「新津田沼」駅徒歩13分
        :JR総武線快速・総武線「津田沼」駅徒歩16分
総戸数     :81戸
構造及び階数  :鉄筋コンクリート造9階建て
設計・施工・監理:株式会社長谷工コーポレーション
管理会社    :未定
駐車場     :総戸数81戸に対し61台(平置き:25台、機械式:36台)<月額使用料:未定>
バイク置場   :総戸数81戸に対し6台(平置き式)<月額使用料:未定>
自転車置場   :総戸数81戸に対し162台(2段ラック式)<月額使用料:未定>
管理費(月額) :未定
修繕積立金(月額:未定
専有面積    :70.60㎡~84.08㎡
間取り     :3LDK・4LDK
バルコニー面積 :11.40㎡~15.40㎡
建物竣工予定時期:平成30年9月下旬予定
入居予定時期  :平成30年9月下旬予定
売主      :京成電鉄株式会社

津田沼は千葉県ナンバーワンの街

千葉県には県庁のある千葉をはじめ、市川本八幡船橋松戸など、いくつかの主要な街がありますが、私見込々で言わせていただくと、この中では津田沼が最も住みやすい街です

千葉は県庁所在地でもあり、千葉県で群を抜いて栄えているイメージを持っている方も多いと思いますが、実際に歩いてみると、「え?県庁所在地でこれ?船橋とか柏の方が凄いんじゃないか?」と多くの人が感じると思います。
実感できる街の発展具合は船橋津田沼などと大差がないのに、東京へ出るまでの時間は大幅に増えるという、千葉県内に通勤先や通学先があり、あまり東京へ出ることがない人以外にはお勧めできない街です。

市川JR総武線快速の停車駅にもなっており、東京の職場や学校に通っている方でちょっとでも早く自宅と行き来したいという方にはオススメで、治安もその他の栄えている県内の街と比較して良好ですが、江戸川が街の広がりを制限しているせいなのか、活気のある商店街はいくつかあるものの大型の店舗が少なく、駅前も含めて発展の度合いが少し低くなっています。
近年行われた南口の再開発が街の活性化にこれからどう影響してくるかは分かりませんし、個々人が住環境に求める条件にもよりますが、現時点では津田沼に軍配が上がるように思えます。

本八幡総武線・京成線・都営新宿線の3路線が通っており、駅前が市川駅よりも栄えていて、具体的に言うと激安の殿堂「MEGAドン・キホーテ」やオーケーストアや西友といったコスパに定評のあるお店が存在するのも魅力ですが、総武線快速の停車駅になっていないのがネックです。
利用する機会は多くないと思いますが、市川市役所や有名芸能人もよくコンサートやライブを行う市川市文化会館があります。
総合的には市川駅と同じくらいの評価と言えると思います。

船橋は東武や西武といった百貨店があり、駅周辺は津田沼と同じかそれ以上に栄えています。
また、総武線快速の停車駅にもなっていますし、総武線・京成線・東武野田線・東葉高速線と4つもの路線が徒歩圏内に密集していて、非常に利便性の高い街です。
ただし、街が発展していることと引き換えに、実際に住んでみて感じる治安は千葉県内で最悪のレベルだという口コミを目にします。
もちろん普通に生活していていざこざに巻き込まれることはそう多くはないと思いますが、駅周辺にキャッチが多く、ヤクザが仕切っているというような噂も耳にします。
実際の犯罪率を見ると他の街と比べても高いとは言えませんが、街を歩いて感じるガラの悪さは県内屈指です。
ちなみにお隣の西船橋は乗り換えで利用されているだけで、駅構内はめちゃくちゃ混雑しているのに、駅前や街自体はクソしょぼく、周辺には風俗店が多いため治安が悪いという、総武線・京成線・京葉線・武蔵野線・東京メトロ東西線の複数路線を利用できるというメリットを活かせる人以外には、あまりお勧めできない所です。
隣接する下総中山駅などの交番のおまわりさんが、治安が悪く人手が足りない西船橋に応援に駆け付けることがよくあるそうです。

松戸(特に柏)は街自体はとても発展していて便利ですが、東京の主要駅へ出るまでに乗り換えが必要となるので、あまりお勧めできません。
また、船橋駅周辺とはまた違う柄の悪さがあり、東京から少し離れるためなのか、いわゆる昔ながらのヤンキーのような人種が散見されます。
最近ではそこまで悪いうわさは聞きませんが、一昔前までは遅くに帰宅する若い女性には送り迎えが必要だとされるほど、治安に関しての評判は良くありませんでした。

最後に津田沼ですが、JR総武線・新京成線・京成線の3路線が徒歩で利用できる距離にあり、総武線快速の停車駅にもなっています。
駅周辺はイオンモールモリシア津田沼などのショッピングモールや津田沼パルコがあり、特別な買い物でなければわざわざ都内へ出る必要もないくらい充実しています。
ミーナ津田沼にはユニクロ西松屋も入っています。
治安に関しては、街が栄えている分キャッチはいますが、飲み屋街の区画がきちんと分けられていて、キャッチも駅前の限られたところでしか目にしません。
不動産を購入する際に多くの人が重視する3大指標である「交通利便性」「生活利便性」「治安」の総合点が最も高い街が津田沼です。

で、サングランデ津田沼自体はどうなのよ?

まずは何といっても京成本線「京成津田沼」歩8分、新京成線「新津田沼」歩13分、JR総武線「津田沼」歩16分という交通の便の良さに惹かれる方が多いと思います。
快速の停車駅や始発駅ともなっており、中央線直通で電車一本で短時間で東京の主要駅へと行くことができるのはとても大きな魅力です。

津田沼駅自体も、津田沼駅だけで完結できるくらい充実しており、徒歩でその商圏を利用できるのは住居環境としては勝ち組でしょう。
津田沼の飲み屋街はサングランデ津田沼の方向とは逆に位置しており、子供などがそこを通らなくても駅と自宅を行き来できるのも嬉しい点です。
駅からサングランデ津田沼までの道も広く、夜でも怖い思いをすることはあまりないでしょう。

習志野第一病院習志野市役所の新庁舎も徒歩圏内です。
個人的にはゴールドジム津田沼千葉店がすぐ近くにあるのも評価したい点です。

もちろんコンビニも徒歩で行ける距離に数件ありますし、目と鼻の先に菊田水鳥公園があるのも、特に子供のいる家庭にはとても大きな魅力です。

全戸南西・南東向き日当たり良好なのも実は非常に大きなポイントです。
日光を浴びることは、人間が健康な精神と肉体を維持していくうえで重要な要因となります。
投資用マンションならば無視しても構いませんが、ご自分やご家族が一生に近い時間を過ごすマンションとして購入するのであれば、日当たりは絶対に考慮しなければいけないポイントです。

間取りは4LDKと3LDKのプランがあり、最新のマンションだけあってどちらも汎用性が高く、デザイナーズマンションのような面白みはない代わりに、収納も含めて多くの人にとって生活しやすい配置となっています。

ペットや楽器の可否やインターネット環境の詳細などは、今後規約が定められてから公開されるものと思われますので、公式ホームページや資料でしっかりと確認するようにしてください。

サングランデ津田沼の最大の問題点は、総武線の線路に隣接していることでしょう。
電車通過による騒音被害は避けられません。
最近のマンションは造りがしっかりとしており、当然騒音対策も施されているため、窓を閉めていればよほど敏感な方でない限りは電車の走行音が気になることはないとは思いますが、マンションは気密性が高い反面空気がこもりやすく、窓を開けて風を通したいことも多々あるはずです。
必ず窓を開けて電車の通過頻度や騒音レベルを確認し、自分がそこに住んで耐えることができそうかどうかというのを確認するようにしましょう。
また、線路に面する側の窓を開けなくても風が通るのかどうかを確認することも大切だと思います。
 

以上、サングランデ津田沼のレビューでした。
どの人の評価も、当サイトのレビューも、当然皆さん個人個人とは違う価値観に基づいたものでしかありません。
住居選びは、そこに住むことになる本人自身の求める条件に合致するかどうかが全てです。
他人の意見は一つの参考にはしつつも、公式ホームページや資料を熟読し、現地に赴いて、最終的には自分ではっきりと決断を下すことが後悔の少ない住宅選びにつながると思います。

皆さんの不動産購入が、豊かな人生への一助となることを願っています。